リプロスキン デメリット 無添加

最終更新日 2018年 7月 21日

リプロスキンの特徴

おすすめ記事…【使ってみた】リプロスキンの詳細なレポートをお届け!

リプロスキン,デメリット,無添加

 

リプロスキンの最大の特徴は「ブースター化粧水」であるということです。

 

つまり、リプロスキン単体でケアが完了するのではなく、その後に使う保湿美容液や乳液と合わせて使うことで最大限の効果を発揮します。

 

※ブースターとは?
…その後に使うスキンケア製品の効果をアップさせる、現代美容で注目されている補助化粧品。

 

人間の肌は油分で守られていますが、この油分がバリア層となっているので、美容成分もなかなか浸透しづらいです。
ブースターは「水溶性の美容成分」と「油性のバリア層」の両方になじむ特徴があり、美容成分の浸透を助ける効果があります。

 

リプロスキン,デメリット,無添加

 

更に、高級美容成分「プラセンタ」を配合しています。
美白効果(シミ除去)、活性酸素の除去(アンチエイジング効果)、代謝を活発にする(ターンオーバーの促進)…とまさに魔法の美容成分と言えるプラセンタですが、なかでも組織修復作用によって肌をみずみずしい状態に導き、クレーターの凹凸を徐々に滑らかにしていく効果が期待できます。

 

そして…重要なのが、リプロスキンは医薬部外品であるということ。
ニキビ治療の効果が認められている「グリチルリチン酸ジカリウム」がニキビ(炎症)を抑え、ニキビの再発を防ぎます。

 

リプロスキン,デメリット,無添加

 

リプロスキンは無添加

  1. 合成香料不使用
  2. 着色料不使用
  3. 鉱物油不使用
  4. パラベン不使用
  5. アルコール不使用

 

リプロスキンはこれらの5つのフリーを実現しているので、添加物が気になる方も安心して使うことができます。

 

※ただし、医薬部外品なので、どうしても化粧品より刺激の強い成分も含まれています。敏感肌の方は、肌の状態を気にしながら使うことをお勧めします。

 

安心の日本製

 

リプロスキンは日本の工場で丁寧に作られています♪
「日本製」って聴いただけで安心感がワンランクアップした気になるのは私だけでしょうか(^ー^)

リプロスキンのメリット・デメリット

リプロスキン,デメリット,無添加

 

リプロスキンのデメリット
  • クレーターの凸凹そのものを改善することは難しい。
  • ターンオーバーを促進するので、ピーリング効果のある化粧品と一緒に使うのは避けたほうがいい
  • サラッとしている=潤いは少な目
  • ブースターなので、リプロスキンを使ったあとに化粧水や乳液を使うのが推奨されている(人によっては面倒だと感じる?)
  • 肌が柔らかくなるので、肌が弱い人が使いすぎるとピリピリする可能性あり

 

新しいニキビが出たり消えたりしている人には、リプロスキンは効果抜群です。赤ニキビが消えることで結果的にクレーターが目立たなります。

 

しかし既に新しいニキビが出ない人で、クレーターの凸凹が固定されてしまっている場合は…すぐに凸凹を治すのは期待できません。
その場合は、長い目で見て、リプロスキンで保湿しながら徐々にクレーターを薄くしていきましょう。

 

また使用説明書にも書いてありますが、ピーリング効果のある化粧品と一緒に使うのは避けてくださいね。

 

リプロスキンのメリット
  • 赤ニキビの改善に期待できる。→結果的にクレーターが目立たなくなる。
  • ターンオーバーを促進する→肌荒れを改善
  • サラッとしているので脂性肌の人でも使いやすい。
  • ブースターなので、後につかうスキンケアの効果がアップする。1つもっておけば便利。
  • 肌が柔らかくなる→プルプルして質感が増す

 

リプロスキンの大きな特徴で、ブースター効果と、浸透力がすごいです。使ったらすぐ実感できます。

 

「ブースター」なので、他にスキンケア製品を持っている人は、リプロスキンを一緒に使うことで効果がアップ!今までブースターを使ったことがなかった人は、ハマるかもしれませんよ♪

 

あと個人的には、電話対応がすごく良いのもポイント高いです。商品について細かく質問したら丁寧に答えてくれましたし、返金について聞いても、全然、嫌そうな感じにしないで返金システムについて教えてくれました。
こういう会社なら安心して商品を買えるって思いますね。

 

さらに詳しい情報を知りたい
↓↓↓
リプロスキンってどんな商品?【どこよりも詳しく解説】